fc2ブログ

2007.12.02 (Sun)

うなぎ割烹 一二三@松陰神社前

ゆきむらです。

豪徳寺を後にしたワタクシはテクテク移動します。


071202_Hifumi1.jpg

目的地は松陰神社です。
当たりますよーに(-人-)

神社から駅まで続く昔ながらの商店街を抜けて、たどり着いたのはこちら!


071202_Hifumi2.jpg

うなぎ割烹の「一二三」さんです!

「一二三」創業70年の鰻の名店です!
世田谷線松陰神社前駅から徒歩4分くらい。。。


071202_Hifumi3.jpg

071202_Hifumi4.jpg

何か普通の家みたいですね~。とっても入りにくいんですけど・・・(^^;;
入るのを躊躇していたら、中から「いらっしゃーい」の声が・・・。
どこで見てたんだろ?
もう行くしかありません!(汗)

「予約が無い場合は最初から捌くため1時間以上かかりますが。。。」との説明が・・・。
ウナギを5分で食う気なんか全然無いので、ノープログレムです!(^^)v

入り口で靴を脱ぎ2階へ案内されます。


071202_Hifumi5.jpg

うーん・・・これは家ですね。もしくは古い旅館か・・・(^^;;

071202_Hifumi6.jpg

大広間のようなところに通されました。

071202_Hifumi7.jpg

一人なのでなんとなくうら寂しいですね~

071202_Hifumi8.jpg

何だろ?この置物(笑)

そんな中注文するのはもちろん・・・。


071202_Hifumi9.jpg

キリンラガー大ビン!
エビスのコップでいただきます(^^)v

071202_Hifumi10.jpg 071202_Hifumi11.jpg 071202_Hifumi12.jpg

メニューには「きも焼」なんかがあるので、つまみに頼もうとしたら「コースの分でもう無いんです」とのこと。
他につまみも無さそうなので、山椒を舐めつつ(笑)ビールを飲みながら待つこと55分でご提供~。


071202_Hifumi13.jpg

ウナギはこの蓋を開ける瞬間がたまらんですね~。
では行きますよ~。

オープン・ザ・ふた~

23:55  |  世田谷区  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2007.12.02 (Sun)

ゆきむらな豪徳寺とか2007

ゆきむらです。

最近メッキリ寒くなってきましたね~。

寒くなったら行くところといえばもちろん・・・。


071202_GoutokuJi1.jpg

豪徳寺だよね!(^^)

ワタシのブログにはなんと3年連続の登場になります!(^^)
05/12/04 豪徳寺06/12/03 猫の手も借りたい@豪徳寺
いつものように中に入っていくと・・・。


071202_GoutokuJi2.jpg

いつもの年と違い、人がいっぱいいますよ~(@@)
びっくりです!
いったい何があったのですか!!!


071202_GoutokuJi3.jpg

どうやら国指定史跡に指定されたみたいですね。。。(^^;;
日本人はこういうの好きですからね~。
なんとか遺産に指定されたなんたら銀山も客がいっぱい押し寄せたらしいですよ~。。。

指定される前から行っとけっちゅうねん!!!(激)


071202_GoutokuJi4.jpg

っといいつつワタシも史跡の井伊家墓所まで行ってみましたが・・・何か?(^^;;
豪徳寺は「桜田門外」で有名な井伊家の菩提寺なんです。

彦根藩二代目藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の門前を通りかかると、豪徳寺の飼い猫「たま」が手招きをして寺に招き入れた。
一行は不審に思って寺に立ち寄ると、突然雷雨が降りはじめた。雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという。
和尚は後にこの猫が亡くなると墓を建てて冥福を祈った。後世にこの猫の姿形をかたどった招福猫児(まねぎねこ)がつくられるようになったという。


いわゆる招き猫伝説ですね。
豪徳寺は招き猫発祥の地。
早速に会いに行きましょう!(^^)


071202_GoutokuJi5.jpg

そっぽ向いちゃいや~ん(><)


071202_GoutokuJi6.jpg

宝くじが当たりますよーに。

なにとぞなにとぞ(-人-)


071202_GoutokuJi10.jpg

境内は紅葉まっさかり!
でも少し遅かったかな?塔のところは茶色くなっちゃってました(^^;;

22:24  |  独り言  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |