--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

2007.12.29 (Sat)

万かつサンド@肉の万世(羽田空港)

ゆきむらです。

年末はJALに乗ってお出かけ。。。


071229_Mansei1.jpg 071229_Mansei2.jpg

言わずと知れたワタクシジャルラーですが、最近値段が凄まじく高いんです!(><)
値段的にはそろそろ限界ですね・・・。
貧乏人は乗るなというJALからのメッセージかしら・・・(^^;;

少しでも安くあげようと早朝の便に乗り込みます。
羽田発06:30・・・まだ暗いよ~(><)


071229_Mansei3.jpg

暗くてもネタは必要お腹は減るので、昔からの空弁「万かつサンド」買い込み、機内で食べることに・・・。

しかしこんな朝早くからちゃんとあるんですね~!
ワタクシのような早朝便しか乗れない人には重宝します。
もしかして前日作ったヤツかしら?(^^;;


071229_Mansei4.jpg

「万かつサンド」「肉の万世」が出しているお持ち帰り用のカツサンド。
秋葉原にある「肉の万世」の本店、B1F~10Fまで全て肉通称『肉ビル』でも売られています。
なんと!50年以上前から売られていたんだとか!(@@)
私のイメージ的には空港のカツサンドってイメージのほうが強いかな?

とにかく・・・。

オープン・ザ・はこ~。


071229_Mansei5.jpg
万かつサンド(630円)★☆

「万かつサンド」はボリューム満点なカツがシッカリ入っていて、6切れに分けられて入っています。


071229_Mansei6.jpg

おいしい~っ!!!

「万かつサンド」は何度も食べてるけどやっぱ美味しいですね。

カツは肉厚で脂が乗っているんだけど脂っぽくなく、塗られてる特性ソースと一体となってかなりのおいしさです!
さすが昔から続いてきているのお味は間違いないですね~(^^)

残念なのは飛行機がかなり揺れてたので温かいドリンクのサービスが無かったこと。(万かつとは関係ないやん!(^^;;)
冷たいお茶じゃなくてコーヒーと一緒に食べたかったな。。。
値段高いねんから揺らすなっちゅうねん!!!(無茶?(笑))


ごちそうさまでした(^人^)


【今日の一言】
離着陸時のデジタル製品(デジカメ)の使用は止めましょう!(←注意された人(滝汗))



店名:肉の万世【HP】
16:39  |  駅弁  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

Comment

羽田空港といえば

やっぱり「かつサンド」ですよね!
万世製はボリューム(オレンジ)とヒレかつ(茶色)は
食べたことがありますが、
スタンダード(黒)は未食なので、
今度試してみたいと思います。
マッシー益子 |  2007.12.29(土) 19:42 | URL |  【編集】

私も超お腹すいたときにはコレと決めています。
最近マネタほかのお店のものが色々でいますがそんなものは食べず万世のみ。
明日飛行機なので食べようかな♪
るぅ |  2007.12.29(土) 22:55 | URL |  【編集】

マッシー益子さん

ボリューム(オレンジ)は120g、スタンダード(黒)は90gの肉なんだそうです。
味は同じなのではないかな?肉の味が少なくなるかも・・・(^^;;
とりあえず食べてみて下さーい(^^)
ゆきむら |  2007.12.30(日) 02:12 | URL |  【編集】

るぅさん

キムカツのカツサンドがあったのでどっちにしようか悩みましたが、取りあえずスタンダードに万世で。
昔からのカツサンドなら「まい泉」もあるし、いろいろ食べ比べてみるのも良いかもですよ~(^^)
ゆきむら |  2007.12.30(日) 02:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yukimura3.blog14.fc2.com/tb.php/905-99b92adc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

金曜日から日曜日まで福井出張。 金曜日、お昼ぐらいに新幹線に乗るまえに 「万かつ...
2009/04/03(金) 01:51:30 | マッシーのグルメ日記

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。